2018/9/18(火)18:00~20:15 市ヶ谷カンファレンスセンター 参加者(東京支部:服部、田中)

2018連合東京労働基準セミナーが開催され、法政大学法学部の浜村彰教授を講師に招き「働き方改革関連法-労使協議のポイント」をテーマに講演を受けました。

2時間という時間でしたが「働き方改革関連法」の主な内容の説明を受け、労働組合として会社とどのように協議したらいいのかを説明していただきました。

労働時間の上限規制、使用者の年休付与義務、同一労働同一賃金など今後法改正が施行されます。

労働時間の上限規制については我々、建設業は5年の猶予がありますが、今から会社と協議していかなければならない課題だと感じます。

今回、注意点・ポイントを学びましたので、参考にして協議していかなければならないと思いました。